スノーボード 斜面初めて滑る人、初心者に教えるテクニック3つ伝授 これで大丈夫

スノーボード
なかたか
なかたか

私は47歳ですが スノーボードに熱中してた時が有るんです

後輩セーラ
後輩セーラ

冬の時期はスキー、スノボですもんね 道具とかウェアとか なかなか揃えるの 大変ですよね

なかたか
なかたか

そうですね 取っ付きが大変ですね 友人とか一緒に始めるが いいですよね

今回は 初めて滑る人にテクニックの話をしようと思います

スポンサーリンク

スノーボードを初めて滑る 初心者に必須テクニックを伝授

初めてスノーボードをする人 なかなか自分一人でいきなりゲレンデは 無いですよね

友人や先輩 家族等々で初ゲレンデだと思いますが スノボで大事なテクニックは

前足に乗る、前足の膝を少し曲げる 、フラットな姿勢(ニュートラルポジション)

この3つを習得すれば 滑れます 正直私は友人と二人 無知な状態で始めました

前足に乗る

前足に乗るというのは スタンスとして右利きの人は 左足が前足になります

角度は初心者であれば ホードに対して 左足はつま先を少し前側に向けます

後ろ側の足 右足はまっすぐで良と思います 

※ 角度の微調整は上手になって 技とかやるようになってから こだわれば良です

初心者的には 前足側のつま先を進行方向に30度ぐらいかな 振ります 参考写真↓

戻りますが 前足に乗る = 体重を左足に乗せる 

スノーボードを滑るとき 平らな場所で滑ることは 練習以外ありません

斜度のコースで滑ります この時に 後ろ足に体重を乗せると ボードが滑り 

スピードが上がります・・・・・?

滑るからいいのでは? 違います 

スノーボードは 後ろ足 右足で操縦するのです

という事は 操縦する足に体重をかけたら 動きません重くて

考え方として 前足荷重で後ろ足で左右に振りながら(ターン)斜面を降りるです

リフトを降りて さー斜面降りるぞーの時 ビビッて後ろ足体重で突入すると

見事に 吹っ飛びます(滑落) 思い切って前のめり気味に体重掛けると

後ろ足で操縦できます 大丈夫ここは 前足荷重の勇気が大事

前足の膝を少し曲げる

前足の膝を曲げるという事は クッションの準備のためです・・・・

クッション? スポーツやってる人は分かると思いますが 膝が伸びている(棒状)

衝撃が起きた時に そのまま体全体に伝わります

逆に膝を少し曲げた状態で衝撃が起きると 膝がクッションの代わりになってくれます

体への衝撃を緩和してくれます=上体がふらつかず 姿勢を維持しやすくなる事

フラットな姿勢(ニュートラルポジション)

斜面にいざ向かうと どうしても体に力が入り 体重が後ろに足に乗ったり

姿勢が猫背になってしまって 不安定になります そうすると転んでしまいます

私はいつも不安定になったりしたときは いつもフラット フラットと言い聞かせます

基本ゲレンデ(平らな場所で掴んでほしいのですが)

ボードに対して両足均等体重で乗ります

ボードを横向きにおいて バインディングに両足をはめて仁王立ちします

前足(右利きの人は 左足)に体重を移動します

仁王立ちのまま 前足に体重を移動する (練習時は後ろ足のバインディングはしなくて可)

前足を少し曲げる

前足の膝を少し曲げる 体重が前足に乗ってると後ろ足が前後に動きやすくなります

上半身は半身になる

上半身は左肩を少し開いて 私のイメージでは 左の胸と 左の曲げた膝が一直線になる感じ

正面を向きすぎずです

上半身の力を抜く

上半身を脱力をイメージして 手のひらは軽く開いて ダラーんというイメージ

これが 私の言う フラットな姿勢です

この姿勢で斜面に入れば 意外と簡単に滑れます

Snowboard index

ターン

説明した3つを実践して 斜面に進入した時に

斜面に対して右方向に進入した場合

そのまま前足荷重で後ろ足を つま先少し上げるイメージ かかとを押し出す感じでターン

そのまま 左方向に斜面進入して 今度のターンは 後ろ足のつま先を下げるイメージで

後ろに蹴りだします このお尻が出ないようにする

どうでしょうか? 頭の中でイメージできたでしょうか

SIMS(シムス)LOS152cm(KAMIKAZE)(skateboard)(スケボー)SNOWBOARD(スノーボード)(snow)(スノー)

価格:63,360円
(2019/12/6 20:58時点)
感想(0件)

シムスのスノーボードはカッコいいのでぜひ使ってみてください^^

まとめ

スクールとか経験者に教えてもらうが 一番早いかもですが

わずらわしいとか 自分でやりたいと思う人居ますよね 分ります

自分もそうでして だからこそ 色々調べて 理屈で考えて イメージして

ゲレンデに行った方が 絶対上達早いです イメージトレーニングが大事なスポーツです

参考になったでしょう では頑張って

みんなで作るスキー場ガイド - Snoway(スノーウェイ)
Snoway(スノーウェイ)はスキー場の口コミと滑走を記録、共有できるサイトです。簡単に滑りのログを残すことができる「Snowayアプリ」から投稿された30万件を超える滑走記録や口コミによる独自のランキングで、自分にぴったりのスキー場が見つけられます。スノーウェイでスキー・スノーボードがもっと楽しくなる!
スポンサーリンク
スノーボード初心者
スポンサーリンク
なかたか先輩をフォローする
この記事を書いた人
なかたか先輩

こんにちは なかたか先輩 と言います
どうして先輩と言うと 会社で工場長やってたんですけど
先輩と呼ばれることが多くて その方が親しみが有ると思って
先輩で通してました^^ もうすぐ49歳でプロフィール書きました
既婚で22歳の娘がいます 転職して今は平社員です
僕の知識で発信出来る事 どんどん発信しますね
どうぞ よろしくお願いします

なかたか先輩をフォローする
なかたか先輩

コメント

タイトルとURLをコピーしました