ブログがサーバーエラー500で全然開かない素人ピンチ脱出^^

雑記

こんにちは なかたかです

今日はエラー500について、実体験での素人経験談です^^

今日は朝からアドセンスのエラー表示解除に。取り組む決意でした!!

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

この表示が5日ほど前から出だし、ネットで諸先輩方の対応策を、入念に調べて(平日中に)いざ休日取り掛かろうとした次第です。

朝 まずアドセンスの前に、グーグルアナリティクスとサーチコンソールのSSL化(httpからhttps)に変えた時に放置してたのを

関連づけるため 設定を触りましたというよりか アナリティクスはプロパティで追加 https サーチコンソールは新たに追加で設定

無事 この二つは設定完了 そして次に本題の アドセンス この後起きることは アナリティクス サチコ の設定したことも影響?(結果的に関係なかったのですが 原因不明の時にこれが原因なのか?と迷う)

まず ネットで知らべとことよりも アドセンスの説明に従い、今すぐ修正で進行 次にads.taxガイドを読んで ダウンロード

すると メモ帳に自分のアドセンスサイト運営者IDを組み込んでくれた taxテキストが作られます

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

青いラインのところは 各自の番号 アドセンスサイト運営者IDになります

このテキストを使って、サーバーの設定を変えます 私はXサーバーなので Xサーバーファイル管理 から変更サイトクリック 

public htmlクリックここでファイル選択で さっきのテキストファイルを開く そしてアップロードする これで終わり

このアドセンスのエラーに関しては、実は2日前に実行してました、ですがエラーが消えないので再挑戦の2回目^^

ここで諸先輩方の 記事を見てると確認法が有るらしい きちんと設定 アップロードしてるか

そのサイトが Ads.txt 管理 ここに行って 自分のサイトを入力すると、さっきのテキストアップロードの完了が確認できるらしい。

今回はまた3日待つのは、嫌だったのでこのサイトで実験しました、するとこのサイトの上に 新たなエラーが

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください なんだこれ? またネットで検索

どうも文字の形式らしい・・・このらしいが暴走 話を複雑にしてしまいます。

私がつまみ食い程度で ほかの記事から都合のいいとこ抜粋 分析すると テキストは簡易のものでは 文字体がエディータ?で変更できない???

だから フリーソフトで sakuraテキスト ダウンロードしてテキストを作成しました そして先ほどの事再度 試行・・・変化なし

どうしようと またネットで検索すると、簡単に サーバーの .htaccess に追加すれば治りますとの記事発見

ここで暴走モードに 基本的には htaccess は非常に重要なテキストで 下手に触っては いけません 

そんな事とはつゆ知らず ※ もしさわるときは 元のデーターを必ずコピーしておくこと これが先輩方の忠告ってか警告

私はへっちゃらでコピーもせず、書いてあった  

AddType “text/plain; charset=utf-8” .txt をhtaccessの先頭に3段貼りつけて OK!実行!

  やっちまいました ブログが開きません アクセスできませんーーー

休憩をはさんで 8時間の悪戦苦闘の始まりです

ネットでもう ほんといろいろキーワードを駆使して いろいろ試して・・・・・・・

もうこれは サーバーに問い合わせだなって感じで じゃいつ? 連休中は休み? 平日は仕事だし どうしよう

ってか サーバーに問い合わせて実際 治るのか? 初期モードにするだけじゃ・・・ってことは 

今まで入れた ワードプレスのプラグとかがリセットになるのかな? 301とか いろいろ

記事が全部消えるってことは、無いと思うんだけど・・最悪は覚悟だな どうしよう ほんと悩む

アップロードと編集は違うのかとか テキストが悪いのか

そもそも 貼り付けて不都合だったので 張り付付けた奴を削除したのに なんでって話なので やっぱり htaccess の問題だよな

ここで諸先輩方のブログ記事を参考に精査、先輩方が初期設定のテキストを貼ってくれてるので それと比べると

ワードプレスうんぬんは 同じそのうえの 表記がマチマチ だから自分のhtaccessを、よく見てみると 2行の内容が似てるのに段差が

Request_URI “.” Ngx_Cache_NoCacheMode=off                

SetEnvIf Request_URI “.” Ngx_Cache_StaticMode

これが調べた状況 先輩方のを比較してみると・・・・ん ん ? あれ? SetEnvIfが1段目 抜けてる?ってか消しすぎた?

ここで 下段を文字をコピーして テキスト作成して アップロード

SetEnvIf Request_URI “.” Ngx_Cache_NoCacheMode=off                

SetEnvIf Request_URI “.” Ngx_Cache_StaticMode

この操作は  public htmlクリックここでファイル でテキストファイルでの操作です

ここで念のために おお元の サーバー管理からの .htaccessの編集を確認します すると空白になってます・・・真っ白でテキストが無い 今日は何回も見たけど

空白ではなかった ただ私の中で ファイルを触ったからここも自動的に変わるのか 変わらないのか?は疑問

個々の表記をコピーしてテキストにして 貼り付ければ治るのでは?と思い やってみたけど ダメでした(3時間前)

まあ とにかく 空白だったので さっき作ったテキストを貼りつけました(最悪問い合わせしかないな)と思いつつ 実行保存

神に祈る気持ちで 自分のブログに突入・・・・・入れました^^ やった超嬉しい!!

マジで 無理かもって思いました でも素人の私でも 勉強すれば何とかなるのかなとおもいました

正直 SSL化で少し触ってたので 何が原因という所で htaccessの編集ミスが原因なのか?とわからなくなってました

問い合わせで 何といえばいいのだろう? 説明できるかな?サーバーIDとか パスワードとか言えるかな?とか

いろいろ わずらわしいことあったので 治って何よりです

今回 自分にも皆さんにも 一つ言えるのは htaccessは 追加する場合でも 削除する場合でも絶対 コピーしておくこと ホントに 骨身にしみるです 1日疲れました^^では

まだ アドセンスエラー出てるので 3日ぐらい様子見てから 再びトライです

コピーは忘れずに^^

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
なかたか先輩をフォローする
この記事を書いた人
なかたか先輩

こんにちは なかたか先輩 と言います
どうして先輩と言うと 会社で工場長やってたんですけど
先輩と呼ばれることが多くて その方が親しみが有ると思って
先輩で通してました^^ もうすぐ49歳でプロフィール書きました
既婚で22歳の娘がいます 転職して今は平社員です
僕の知識で発信出来る事 どんどん発信しますね
どうぞ よろしくお願いします

なかたか先輩をフォローする
なかたか先輩

コメント

タイトルとURLをコピーしました